top of page

RED Weapon Helium 8K on Ronin-RS3 Pro

RED Weapon Helium 8KをRonin-RS3 Proに搭載しています。レンズはシグマ ARTプライムレンズの24mm, 35mmそして50mmで、ハードストップギアリングと合わせ、レンズキャリブレーションがオートで行え、安定したフォーカスワークならびにLiDAR Range Finderを使ったオートフォーカス運用が可能です。

dittokならではの緻密で独自の組み方で、さまざまな撮影用途で利用できるようにしています。

最大の特徴はLiDAR Range Focusを使ったワンマンオペレーションでのオートフォーカス、アクティブトラッキング機能。デジイチのオートフォーカスと違い、シネマティックなフォーカス挙動、そして赤外線による、暗い場所でのフォーカスワークが可能です。同時にアクティブトラッキングで、キャストの動きにRS3 Proが自動追随することによりワンマンオペレーション以上のギンバルワークが可能になります。

V-lockバッテリーのみを使うバッテリー運用で、厄介なRonin用バッテリーを使う必要がありません。一つのV-lockバッテリーがカメラ、Ronin-RS3 Pro、そしてモニターに電源を長時間提供します。

Tilta Light Weight Gimbal Supportを使って、システムの重量を分散し、ハンズフリーに近い重量配分でオペレートすることが可能です。

DJI テザードハンドルを搭載し、右手でパン、ティルト、ロール、そしてマニュアルフォーカス、モード切り替えなどが可能です。またRonin-RS3 Pro上のディスプレイでのLiDAR Range Focusの設定も、システムを装着したままでも操作することが可能。

野外での撮影用にNisi VNDが取り付けられます。色被りもほとんど感じられません。

RED Weapon Heliumにはサイドキックを搭載、側面のダイアルで、シャッタースピード、ISO、絞り、画角、録画フレームレートなどを簡単に変えられます。もちろんfool controlにも対応できます。

このセットに通常撮影をする場合、20mm F1.8、28mm F1.8、85mm ART F1.4, 105mm Macro, 50-150mm F2.8 zoom, 24-105mm F4 zoom, 150-600mm F5.6-6.3などを組み合わせることが可能です。




関連記事

すべて表示

Comentarios


特集記事
最新記事